Just another WordPress site

上棟式について
未分類 | 01月08日更新

上棟式はどのようにすればいいか

家を新築する時には、とてもワクワクしますよね。
どのように家を設計するか、壁の色は何色にするか、コンセントはどの位置にするか、
いろんな決め事や、手続きがたくさんあります。
大変ですが、これから長く住みやすい家にするためにも、ぜひやっておかなければならないことです。
その、家をつくる時にやっておかなければならないことの一つに上棟式があります。
最近では、上棟式はやらずに家を建てる人もいるようですが"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

上棟式を行い感謝と安全な完成を願う

上棟式は餅まきを行うイメージが強い人も多いですが、行うべきことはそれだけではなく、儀式を行うためにお供えするお神酒やお塩・お米のほかに工事をしてくれている職人さんたちに対してのご祝儀と宴会を催し、そして引き出物や折詰の準備も必要です。

近年はすでに出来上がっている骨組みなどを組み立てるだけの住宅もあり、儀式を省く家も増えてきていますが、棟上げが終わったらそこまで工事をしてもらった感謝とこれからの"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

上棟式とはどういうものか細かな

上棟式は、家屋を新築する際に行われる神道の儀式で、棟揚げ(むねあげ)、建前(たてまえ)ともいいます。建物を無事に建設できることを願って行われるもので、普通ははしら・棟などの骨組みができ上がったときに行われます。神道にのっとった儀式ではありますが、一般の住宅の場合、神主ではなく大工の棟梁が中心となって行われます。施主は工事の無事と職人へのねぎらいを伝える目的で、儀式のあと、直会(なおらい)という宴会

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新

上棟式を実施する際にかかる費用の内訳

上棟式は、建築物の竣工後の無事を祈る目的で建築物の骨格が完成した段階で実施される祭祀ですが、これを実施する際に準備しなければならない費用にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。
一般的に上棟式で用意しなければならない費用として最も重要だといえるのは、祝儀です。上棟式を実施する場合は、現場責任者や現場の作業員、設計者などの工事関係者に対して祝儀を渡す必要があります。1人あたりの金額の相場は、現場"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

上棟式とはどのようなものか

古来より日本では、建物を建てるときには、その土地の氏神さまに、無事に工事が終了することを願って様々な儀式を行ってきました。
そのような儀式の一つである「上棟式」は、柱や梁などが組まれて基礎工事が完成し、棟木をあげるときに行われるものです。
正式には、地鎮祭と同じように地元の氏神さまの神主を招いておはらいをしてもらうのですが、現在では棟梁が中心となって執り行うのが一般的です。
上棟式では、建物の玄関"

" (さらに…)

top